2012年03月17日

大型ナッツ・クラッカー…Vol.540

「これから事務所を訪れたい」と電話がかかってきた。そしてやってきたのは身なりが良く品のある70過ぎと思われる男性。玄関先でモゾモゾしているから「上がりますか」と聞いたら「はい」と遠慮なく答える。

何の用かと尋ねたら「元、Y大学の教授なのだが海外での研究発表会や海外旅行の際、現地でマカダミアナッツを割る様々なクラッカーを収集してきた」のだか。そして「個人輸入で入手した大型クラッカーに自分でアクリル細工をして殻が飛び散らないよう工夫したので、これを進呈したい」とのこと。年中、殻を割っているこちらとしては断る理由はない。オーストラリア製のこの機械が通販で売られているのは知っていて、確か値段も7,000円以上するはず。それにアクリル蓋を加工した品なら価格は万を超える価値。それをプレゼントしたいと。「何かお礼を」と申し出るも「耳が悪くて」と、そそくさとお帰りになられた。

うん、素晴らしい出来映え。似た発想はしていたが、これは完成度が高い。初めてお会いする仲なのに、高齢の身で電車を乗り継いで訪ねてきてくれて…ただただ感謝です。

大型ナッツ・クラッカー.jpg

2012.03.17 UT

店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
posted by 店長 at 00:00| マカダミアナッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。