2012年01月15日

交通事故防止自転車…Vol.518

事務所の向かいのM家の前には、写真のように壊れて歪んだ子供自転車が放置されています。
事故激減子供車

いや放置というのは当たってないかも知れません。ご主人が、ある狙いを図って置いてあるからです。その壁には貼り紙が貼られていて通りがかりの人が立ち止まってはよく眺めていますが、こんな文面です。
宮本家の自転車
----------
ここに自転車を置くことで
交通事故が激減しました。
移動される場合は警察に
相談、または、家主に仰せつけ
下さい。
やむなく無断で移動された方は、
元の位置にお戻し頂ければ幸いです。
----------

ホントかなあ、と私は直接ご本人に「効果あるんですか。逆に暗い深夜、坂の上から疾走してきた自転車がぶつかって怪我して損害賠償でも求められたら厄介ですよ。大体この自転車は事故車なんですか?」と聞きました。「あはは、これは息子の小さい頃の自転車でたまたま捨ててなかっただけのもの。でもね本当に効果があります。嘘じゃないんですってば」と。昔から町内会の役員を歴任しているMさんによると、この破損自転車を置いたことで確実に年間の無謀激走自転車による事故が数値的に減少したのだとか。そう聞いても私はまだ半信半疑ですが(笑)。

昨秋ですが近所のレンタカー屋さんに置かれていた事故車。
ニッポンレンタカー事故車(111203)02

これは凄い。ここまで破損した事故車を間近で見たのは始めてです。ここまでの状態だと「中のエアバッグは作動したのだろうか」とか「少なくとも怪我はしただろうけど、命に別状はなかったか」と心配になります。交通事故はぶつかった相手も自分も、金銭面も含めて痛手を被りますから怖いですね。だからと言ってこの事故車を道路に放置したら更に事故が頻発しますよね(苦笑)。
ニッポンレンタカー事故車(111203)01

012.01.15 UT

店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
posted by 店長 at 17:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。