2010年05月27日

クラッカーが改良されました…Vol.35

マカダミアナッツ・クラッカーが改良されました。

[1].これまでより剛鉄が厚くなった。
[2].押しつぶす部分がより強固になった。
[3].下板の中央にナッツを固定する穴を設けた。

以上の3点です。
この改良によって従来品より「安定して」「割りやすく」、そして「強固に」なりました。
今後、出荷する[KPクラッカー]は改良品になります。

2010.05.27 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
従来と新クラッカー比較写真
新クラッカーと旧クラッカーのアップ
posted by 店長 at 11:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

馬喰町の埼玉家…Vol.352

昔、それも相当に昔のこと。郷里で家業の生地屋やブティックを継いでいた頃。年に何回か仕入れの旅にでかけます。京都から大阪、岐阜、名古屋とまわって最後は東京の横山町で商品を買い集めて帰路につきます。この間、4〜5泊の日程になります。胸ポケットに現金と小切手帳を持って・・・あの頃は金に不自由しませんでしたねえ(笑)。

その東京での仕入れ時、買い物金額に応じて各店から食事券がプレゼントされます。大阪あたりだと「まあ食事でもいきまひょ」と料亭とか割烹に接待されるんですが、「さすが東京はスマートだなあ」と思ったものです(いやいや、大した客と扱われてなかったんですよ)。その食事券が使えるのが馬喰町にある[埼玉家]。当時は木造の2階建てじゃなかったかな。玄関を入ると下足番のお爺さんがいて、丁寧に靴を預かってくれました。神田のアンコウ鍋の専門店でも下足番のお爺さんがいましたが、今はもうこんな習慣が残っている店はないでしょうね。「必要、不要」、「善し悪し」、「好む、好まない」は別として古き懐かしい風景です。

その[埼玉家]が同じ場所に今でもあります。ビルに建て替えられて当時の面影は暖簾くらいです。いまでも下足番はいるのでしょうか。それとも靴を脱ぐことのない内装になっているのか…。「食べに行ってみれば良いじゃん」の声が聞こえてきそうですが、いえいえ当時の記憶を大事にしたいので、きっと死ぬまで行くことはないことでしょう。

2010.05.26 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
埼玉家
posted by 店長 at 12:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

祖国が懐かしい?…Vol.351

事務所の花壇に大きく白い花が咲きました。「ああ、これって水芭蕉だよね」と思いつつも、もしかして花鳥風月に疎い私のことですから間違いの可能性があります(悲)。うっかり人前で「水芭蕉が見事に咲きまして」なんて言って違っていたら、それこそ恥。念のために調べてみましょう。

あら、ホントに間違っていました(苦笑)。この花は[オランダ海芋(かいう)]だそうです。なんでも原産地は南アフリカで江戸時代に日本に渡来したそうです。しかしなんで海の芋?なんでオランダ?詳細はよくわかりませんが、なんとも遠くからおいでくださったんですねえ。何百年もの月日は経ったけど時に「ああ祖国に帰りたいなあ。広大な荒野が懐かしい」なんて思うことあるのでしょうか。

2010.05.23 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
オランダ海芋
posted by 店長 at 14:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

良かヨガボール…Vol.350

ヨガボールとかバランスボールと言うのですか。ネットで見つけて「おんや、たったの1,000円?送料入れても2,000円もしないなんて」と早速、注文しました。届いた包みを開けると専用のポンプも付属しています。こりゃ、お買い得じゃありませんか。

ちょうど撮影で来社していた若いカメラマンに膨らませてもらいました。カメラマンKD曰く「これ、うちの父も買いましたよ」とか。65センチサイズというのは、相当に大きいと思っていたのですが実際に目にすると案外に小さいものですね。私の体格、体重から考えたらも少し大きい物にすれば良かったなと後悔。まあ買い直しても安いんですから、とりあえず試しましょう。

おっとっとっ、けっこう腹部や膝の筋肉を使います。確かにこれは毎日つづければグッドな運動になりそう。しかしやることに変化が少ないでしょうか。だから人によっては仕事場でこのボールに乗って事務作業をしているのだとか。しかしよく上司や社長が許しているものですね(笑)。確かに何か工夫しないと単調すぎて三日坊主で終わってしまう恐れもあります。

カメラマンKDまた曰く「ええ父も一週間でやめました」とか。

2010.05.22 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
ヨガボール
posted by 店長 at 12:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

公衆電話…Vol.349

町内でも数軒の家にしか電話がない時代。夕方、数軒先の子供が「電話ですよぉ」と呼びにくるので訪ねると、電話機が鎮座する居間では家族が夕食の真っ最中。「すみません電話をお借りします」と恐縮しながら小さい声でこそこそと相手と話します。「んもう、こんな時間にかけてこないでよ」と仕事場から急用で電話してきた母親を恨んだものです(笑)。だって、その家の子は同じクラスで普段から密かに恋い焦がれている相手なんですから、めちゃ照れくさいじゃないですか。

その後、時代が豊かになると個々の家庭にも電話があるのが当たり前になり、街中の商店の店頭にも赤色やピンクの公衆電話が。そして立派な公衆電話ボックスもあちこちに設置されましたね。夕方とか夜間になると、まだアパートの部屋に電話が引けない田舎から出てきた学生や就労者が10円玉片手に郷里の家族と話している風景がよく見られました。銀座や新宿でもボックスの前では時間帯によっては列が出来ていました。後ろで並んでいる人がガラス戸をドンドンと叩き「早くしてくれ。こっちは急ぎなんだ!」と怒鳴っていたのが懐かしいですねえ。そしてテレホンカードの出現は画期的でした。こだわる人は表面のデザインが何であるかを競っていましたっけ(苦笑)。あなたは今でもテレホンカードを持ってますか?私は万一の時を考えて、常にカード入れにしまってますが、10数年間も使っていないのですっかり表面のデザインは剥げ落ちてます。実は使いたくても先方の電話番号を覚えていないので自宅と自社以外には電話を掛けられません。今は携帯電話に全ての情報を詰め込んでいて、手帳なんてものも持ち歩かなくなってしまいましたし。

そんな公衆電話は今も主要駅などにはあるのですが、すっかり風景と化しているので普段は気がつきません。先日、週に何度も通っているはずの新宿駅で目に留まり「えっ?公衆電話?そうだ40年も昔からここにあったんだっけ」と懐かしく思い、携帯電話でパチリ。そんな私を周囲の通行人が「何を撮っているの?」と訝しげに見ています。

2010.05.21 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
公衆電話
posted by 店長 at 09:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

元同僚は90歳…Vol.348

20年前まで勤めていた代理店時代の同僚達と同窓会を催しました。会社自体は10年くらい前に解散したので、みんな他の会社に勤めていたり、起業して経営者になっていたり、主婦業に専念したり、とっくに引退していたりと。それぞれ20年の月日が顔や出で立ちに表れてはいるものの、「ぜんぜん変わらないねえ」が互いの挨拶(笑)。

今年は普段の同窓会とはちょっと趣旨が変わります。それは同僚の一人が今年90歳を迎えた祝いも兼ねているからです。私が入社した時、すでにご本人は定年退職した60代半ばのお歳でしたから、いま90歳になっていたしてもちっとも変ではありません。変ではないのですが、自分の元同僚が90だなんて!「自分は一体、いくつなんだよ」と驚いてしまいます。

全社員の平均年齢が30代前半でしたから、60代の彼は若手から見ればお年寄り。そのお名前から「ツー爺」と親しみを込めて呼ばれてました。この関西弁バリバリのツー爺、とても明るく元気。廊下ですれ違う20代の女子社員のスカートをめくるは、振り向きざまにお尻をポンと叩いては「どや元気ぃ?」なんてイタズラばっかし(爆笑)。そのあっけらかんとした行為には女性陣も「ケッ、クソジジイ!」と罵声を浴びせるものの誰も本気で怒ったり、嫌ったりすることはありませんでした。また麻雀が大好きで週に5日は夜遅くまで打ってました。セミプロ級の腕前なので私も散々、巻き上げられた一人です。「一人足りへんのや。上ちゃん池袋まで来いや」なんて夕方にお誘いの電話がかかってくるので行くと、メンバーは出版社の社長だったり、いかにも怪しげな風体の男達だったり(苦笑)。幼児だった息子がツー爺と出会った時「この人、お父さんのお友達なの?友達がお爺さんってなんか変」と不思議そうに言ったのが今でも記憶に残っています。

そんなツー爺が今年90歳を迎えたとのこと。そして元気に同窓会に出席してくれるなんて、なんとも嬉しいことです。「どや儲かっとるか?あかんか?」と昔と変わらぬ口調なのも楽しく思えます。奥様は何十年も前に亡くなられています。心配する息子さん達の「同居しようよ」を断っての一人暮らしで、週に何度か介護の人のお世話になっているらしいのですが、携帯電話で馬券を予約している姿から「ああ、きっと10年後に100歳のお祝い会が出来るな」と確信しています。ツー爺、これからも元気でお過ごしください。

2010.05.20 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
祝・辻爺90歳
posted by 店長 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

ルーシー・リー展と国立新美術館…Vol.347

乃木坂にある美術館で[ルーシー・リー展]を見て来ました。この世界的に有名な女性陶芸家の作品。今春にたまたま買った「器の雑誌」で見て、すっごいショッキングな思いをしたのです。ショッキングというのは、もちろんその素晴らしさに感動したと言うことです。もともと特別に器に関心があったり、造詣が深いと言うことではありませんが、こんな色合いや独特のフォルムに出会ったのは始めて。「こりゃ一度は実物にお目にかからないと悔いを残す(かなりオーバー)」と思い、いそいそと出かけたというわけです。

感想?
もちろん最高でした。
彼女の生い立ちや、製作ノートも展示されていたのでより深く理解が深まりました。

それとこの国立新美術館ですが、六本木と青山の中間にあるというのにとっても緑豊かな場所にあるんですね。これからも時々この都心のオアシスを訪ね、無料の椅子に腰掛けて深い自然を味わうことにしましょう。

2010.05.19 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
ルーシー・リー展
posted by 店長 at 10:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

いつも何度でも…Vol.346

たまたまあるワードを検索していて遭遇したユーチューブのこの動画。子供の頃にチェルノブイリ原発事故で被爆したというウクライナの歌手ナターシャ・グジーさんが[千と千尋の神隠し]の主題歌を歌っているんです。アニメが上映されている時、日本人による歌声を耳にして「綺麗な曲だなあ」とは漠然と思っていたのですが、このナターシャさんの歌唱力には感動を覚えました。外国人による日本語なのに、とても「言葉」の意味が伝わってきます。これまで聞き流していたこの「詩」が、動画面下部に歌詞が併記されるので、なお理解しやすくなったことも感動に繋がったのだろうと思えます。

コメントを読んでも「体が震えて涙が出てきた」とか「オリジナルを超えてますね」とか「心をゆさぶる感動の涙でました」など数々の賛嘆の声が寄せられています。私は何度も何度も聞き返していますが、こんなに賞賛されると「最初にオリジナルで歌った方が気の毒だなあと」とも。作詞・作曲してかつ歌いもしたけど、別な歌手の夏川りみが歌って大ヒットした[涙そうそう」がそうだったように、結局は大衆に感動を与えた者が勝ちと言うことなんでしょうね。

<いつも何度でも>
作曲:覚 和歌子
作詞:木村 弓
歌手:ナターシャ・グジー
http://www.youtube.com/watch?v=6JiOQ1UBkzU&feature=related

2010.05.18 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
いつも何度でも
posted by 店長 at 10:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

レターパック500…Vol.345

先日、お客様から「レターパック500でNa920オイル(920g)を送ってもらいたい」とのご希望がありました。私はこのレターパックというサービスを知らなかったのですが、郵便局のwebサイトで調べたら「指定の封筒を使用すれば全国一律500円で届ける」らしいのです。300と500のサイズがあり、レターパック500のサイズはA4大のよう。とても920gのペットボトルを入れて閉じられるとは思えません。

「食品なのに安全にお届けできない可能性があるので、当ショップでは現時点では取り扱いません」とお答えしました。せっかくご提案いただきましたのに、こちらの勉強不足もあってご期待に添うことができず、申し訳ありませんでした。

詳細を知らないまま「扱いません」では失礼ですので先日、購入してきました。しかし見るとやはりNa920ボトルを入れると、封緘することは出来ません。また外側の用紙の強度にも不安があります。やっぱり当ショップでは当面は利用しないことに決めます。これに懲りず新しい梱包・送付方法等がありましたら、またご指導いただければ幸いです。

2010.05.15 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
レターパック500
posted by 店長 at 17:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

美しさと政治手腕…Vol.344

いま、オリンピックの金メダリストが与党から参議院選挙に立候補するのがニュースになっています。スポーツマンの爽やかさと実績に加えて、育児をする母親というイメージの好感度もあるので集票も相当に期待できるでしょうね。選挙に知名度の高さは大きく影響するので、タレントや著名なスポーツ選手が当選するのは理解できますが、単なる姿形の美しさって関係するのでしょうか?

八戸市の市議会議員で「美しすぎる」と全国的に話題になった女性市議がいましたが、彼女の場合はたまたま当選したから知名度があがったのですよね。それを選挙前から「私は美しいんです、だって元ミス世田谷ですもの」ってポスターに記載してるのって、どうなんでしょう(笑)。「美しいことが票に有利に働く」から戦略的に使おうと考えたんでしょうけど、しかし美しさと政治家としての能力って関係ないのではないでしょうか。ブレーンが決めたのか、彼女自身が積極的に行ったのか知りませんが、どっちにしても「わけわか」です。

事務所の近所の塀に貼り出されていたのですが、下から伸びた花が添えられている感じが、ミスコンテスト立候補者のポスターに似合ってます。

2010.05.14 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
元ミス世田谷
posted by 店長 at 12:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

多摩川の障害物…Vol.343

久しぶりに多摩川土手を疾走しました。やはり暖かく天気の良い日は遠出をしても爽快な気分になります。「月に3回くらい多摩川沿いをクロスバイクで40〜80キロくらい走っています」なんて公言していますが、前に走ったのは半年前だったでしょうか(苦笑)。忙しかったり、雨だったり、寒かったりすると直ぐに“さぼり心”に支配される私です。

以前と変わっていたのが道路の障害物。[ハンプ(HUMP=ウィキペディアによると“通行する自動車の速度を抑制するために道路上に設けられたカマボコ状の突起”)]と言うのですか。このハンプが従来のものより、さらに盛り上がった形になっていて、とても走れるものじゃありません。敷設の目的「歩行者やランナー、車椅子などの人達の安全を図るため、自転車のスピードを落とさせるため」は理解できます。様々な市民が利用する公共の場で、周囲への気遣いもなく傍若無人に走る自転車が頻繁にいるとすれば必要だと思います。多く立てられている看板を見るとこれまでに事故も起きている様子。

しかし私がこの数年、自分で走っていて感じているのは速く走るロードサイクルやクロスバイクの運転者達のマナーはすごく良いということです。少なくとも事故の現場に出会ったことはありません。もちろん私が知らない時間・場所で悪質な自転車乗りがいるかも知れませんし、看板に「事故多発地点」とあるのですからそれも事実でしょう。私は子供野球やサッカーの試合を観戦したり、景色を撮影するのが主なのでゆっくり走るんですが、迷惑だなと思うのは横に連れ立って自転車走行する野球少年達やカップル車。或いは歩行者なんですが、2〜4人が横にゆったりと並んで歩いて、ランナーや自転車通行を妨げているケース。自転車も人もランナーも互いに端を歩けば、片側車線でも2列が確保できますから、速度の速いものはスムーズに右側を通ることができます。お叱りを恐れずに言うと「マナーが悪いのは歩行者のほうが多い」のではないかなと。前記したように周囲への気遣いをせず、狭い道路を横に並んで歩く、左右を確認せずいきなり方向を変える、端を歩かず真ん中や右側通行をする、などなど。(注)ロードサイクル車もそうですが、みんながみんなそうだと言うことではありません。言いたいことは自転車側だけに責任を押しつけてお終いにするのではなく、利用者全員にマナー指導をしてもらいたいことと、違反者には厳罰を処してもらいたいということです。

それにしても。
それにしても今度の新しいハンプはひどすぎます。この設置を要請された方、それを受けて敷設した行政の方々、ご自分で走っていただけませんか。これはもう「自転車は土手を走るな!」と同じことです。「それならいっそ禁止にしたら」と嘆いてしまいました。地球全体規模でエコに向かういま、せっかく排気ガスを出さず健康促進にも効果的な自転車ブームに水をかけるのはやめて欲しいなと。

2010.05.10 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
多摩川の障害物
posted by 店長 at 15:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

マイカー?宣伝カー?…Vol.342

飛び飛びではない連続した休みが続き、天気にも恵まれたゴールデンウィークでしたね。
皆様はいかがお過ごしでしたか。
海外旅行?
温泉三昧?
私は何の予定もたてなかったため、じっ〜と事務所籠もりのGWでした。
まあ食べに行ったり、藤を観賞したり、飲み会があったりはしましたが。
しかしそれはいつものこと。
せめて「この天気なんだからBBQくらい行けば…」と後悔してます。

そんな私の鬱々を表すかのように昨日は久々に雨。東八道路沿いにあるホームセンターで買い物をした帰り、信号で止まってヒョイと隣の車を見てビックリ!なかなかスポーティな車のボディに思いっきり派手なアニメが描かれています。こっ、これってマイカーなんでしょうか。運転しているのはカッコイイ、20代後半の男性。趣味でペイントかシール貼りしたとも思えます。しかし、この手のキャラクターを描いて街中を走る勇気は私にはありません。小さなスペースに[ウッドペッカー]のアニメ画ならまだ洒落になるのでOKですけど。[アンパンマン]や[げげけの鬼太郎]なら「ははん、きっとその関係の会社の社用車だな」と納得できます。「よく八代亜紀や登る鯉のイラストが描かれたデコトラの乗用車版と考えれば特に不思議でもないのだよ」と自分に言い聞かせましょう。

2010.05.08 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
車体にアニメ画像
posted by 店長 at 10:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

国領神社の千年乃藤…Vol.341

調布市がNHK朝ドラ[ゲゲケの女房]の舞台となってから、けっこう周辺の有名地が取り上げられています。この“千年乃藤”も一昨日の朝にテレビで紹介されたようです。でも毎年GW前後が真っ盛りなので、朝ドラとは関係なくニュースになったかも知れません。近いので何度も観ていますが、うんなかなか見事なものです。実際に1,000年も咲いているのかは知りませんが、広がりといい・色鮮やかさといい・花の垂れ下がるボリューム感といい、わざわざ出かけるに値する景観です。

この日、けっこうな人出でした。みなさん大抵コンパクトカメラか一眼レフを持って記念撮影していますが、その他の人は全員が携帯電話での撮影(笑)。法律で携帯電話のカメラ機能を禁止したら、もっと一般のカメラが売れて景気が良くなることでしょうね。以下は少し離れて見学していた義母の体験。

女「ほら、こんなに映ったわよ!」
母「どれどれ、まあよく撮れたじゃないの」
女「でしょ、あっちのほうか…アラ!」
母「えっ?あら娘だと思ったのに」
女「あのその私も彼だと勘違いして」
母「そういえば娘は一眼レフ持ってないから変だとは」
女「・・・失礼します」
母「こちらこそ、こそこそこそ」

2010.05.05 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
国領神社-千年乃藤
posted by 店長 at 16:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

真夜中のドアマン…Vol.340

自宅で飼っている猫のことです。捨て猫を娘が拾ってきてから育てて早3年…か4年。それはそれは文字通りの猫っ可愛がりで愛情一杯に今日まで育ててきたものです。小さな頃は肩に乗せて駅前を散歩したり、「何が好みだろろか」と実にさまざまなペットフードを買い与え、お寝みカゴも既製品を購入してきては過ごしやすいように改良したりと。誘拐(単に連れ去られ)された時には電柱に張り紙して探しまわり、調布警察の留置所から助け出してくれた見ず知らずの人に心から感謝してもらい受け、旅行に出かける時にもペットホテルに預け、他にもあれやこれや…。

それなのにこの猫、家族になつきません(悲)。ペットフードを買ってくる私や、いつも餌を用意して水も取り替えてくれる義母が頭をなでようとすると噛みつきます。息子が「おいで」と呼ぶと反対に離れていきます。しかし近所や家の前の通りを行く人々からは「とっても可愛い猫ちゃんですね。愛想が良くって。遠くからでもすぐに寄ってきてくれるし」と好感度100%です。坂の上から降りて来るアパート住人の女性を見つけると、サ〜と走り寄っては足下にまとわりつきます。そのフレンドリーな光景に唖然とする私と目があった我が猫は「げっ!こんな姿、見つかっちまったぜい」な顔します(苦笑)。猫のバツが悪そうな顔を見たことありますか?我が飼い猫はホントにそんな顔するんです。

ウチのこの飼い猫、他人に愛嬌を振りまくことを生き甲斐としているので、仮眠と餌を食べる時以外は自宅にいません。押し入れから起き出して食べたら外出。戻ってきて食事したらありがとうも、ごちそうさまも言わずにまたおでかけ。戻ってくる時も決して素直に家に入りません。夕方、私が帰宅すると竹藪から走ってきます。ここまでは可愛い。しかしドアを開けて「ほら入りなさい」と声をかけても決して入りません。私の2メートル以内には近づかないからです。仕方なく道路に用事があるふりして離れると、その隙にサッと玄関から入ります。窓から入る時には「ニャア」とか「ハロー」などの声は出さず、トントントントンとこちらが気がつくまでしつこくガラス戸を叩いて窓を開けろと要求。開けてもすぐには入らないので10分あまり待たされます。開けっぱなしだと冬は寒いし、夏は蚊や虫が入ってくるので困るんだけど、おまえはまったく気にしないよね。

それでも昼間や夜間はまだ良いのですが真夜中が大変。私はベランダ側に寝ています。その私のお腹の辺に乗ってポンポンと飛びます。「ベランダを開けろ」ということです。気がつかないと一旦降りて今度は勢いをつけて飛び乗り、ジャンプジャンプ。それでも開けないと顔に乗ります。それでもの時は布団から出た私の手を噛みます。さすがにこれには私も気づいたり、降参してベランダに出します。帰ってくる時がまた面倒。やはり声を出さずにトントントンなので、熟睡しているとなかなかわかりません。最近の真夜中のお戻りのパターンは、珍しく「ニャア」と鳴きます。しかしガラス戸を開けようと起き上がると、網戸に張りついている我が飼い猫を見ることになります。普通でいいじゃないか!普通にガラス扉の外で「ニャア」と鳴いて開くのを待っていれば。それがなんで空中に浮いたように網戸にへばり付いているんだよ。月明かりの中、大の字に浮遊する猫の姿なんか見たくないってば。んもう、最初は「です、ます」調で書いていたのに、おまえのおかげで途中から散々だよ、まったく。

え〜題名通り「主人である私は真夜中には飼い猫のドアを開け閉めするドアマンになっています」ということです。

2010.05.03 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com真夜中のドアマン
posted by 店長 at 12:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

GW中の出荷…Vol.339

今日は日曜日。
それもGW=大型連休の真っ最中。
しかし注文が入ってきました。
「あした着で!なんとかお願いします」
う〜ん、こういう風にお願いされちゃいますとねえ。
「日曜・祭日は基本的に出荷はしません」とは言いにくいんです。

佐川急便さんも連休中にも関わらず動いてくれてますし。
はい了解しました、出荷いたしま〜す。

誰「GW中とか言いながら店長、ヒマなんでしょ?」
私「そんなこたないです。いろいろ忙しいのです」
誰「たとえば何が忙しいの?」
私「明日はネット仲間と飲み会だし」
誰「くっくっくっ、今日ではなく明日ねえ」
私「今日だって植木に水あげるし散歩もあるし」
誰「どっちも大した用事じゃないのね」
私「ひぃ〜、今年は何も計画たてなかったのよぉ(涙)」

2010.05.02 店長・上原

マカダミア専門ショップ“Macadamian Life”
http://www.macademia-nuts.com/
http://store.yahoo.co.jp/macadamian-life/
info@macademia-nuts.com
GW中の出荷
posted by 店長 at 15:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。